ホームステイ先に両親がやってきた!上海で祝う還暦

china01

私は高校生の頃からずっと中国に対して憧れを持っていました。何故なら私が高校生の時のクラスメートに、中国人の女の子がいたからです。その中国人の女の子は中国の東北地方の出身で、日本には両親共々やってきているようでした。いつも片言の日本語ながら私を含む多くの日本人クラスメート達と楽しい日々を過ごしていて、私はこの中国人の子のことが人間としても大好きになりました。その友達からよく中国の話については聞いていましたので、いつからか私は中国という国に対して憧れを持つようになりました。特に中国人は家族や家族で行う行事に関して非常に大切にする傾向にあると知り、家族のことが大好きであった私は特に強い共感を受けたのでした。

そして高校を卒業してから私とその中国人のクラスメートは、全く別の道を歩むことになりました。私はそのまま地元の大学に進学し、その子は中国に帰ってしまいました。別れの時は非常に寂しい気持ちとなったものですが、私は絶対にいつか中国に会いに行こうと思いました。

このような経過があったので、私は普通の人よりも中国留学をしたいという思いを持っていました。大学2年生になってから私は本格的に中国への留学を検討するようになりました。しかし私は人見知りをしやすい性格であった為、中国の大学に通うことはしたくないと思いました。なぜなら大学は人が物凄く多いからです。大学の教授にも相談した結果、私の場合は中国にホームステイするのがいいのではないかとのアドバイスを頂きました。そして中国のどこの都市に行くのかも迷いましたが、中国留学初心者は上海が良いと教授は言っていました。なぜなら上海は日本人含めた外国人が非常に沢山いる為、不安なく生活できるからです。

大学3年生の時にいよいよ中国は上海に渡り、とある現地ファミリーのお宅でホームステイをすることになりました。ファミリーの方は皆とてもお喋りで親切だった為、私の中国語力もメキメキと伸びていきました。しかし同時にある種のホームシックのようなものも感じるようになってしまいましたので、私は思い切って両親をホームステイ先に来させることにしました。両親にも上海の街や家庭の雰囲気を楽しんで欲しかったからです。そして実際に両親は来てくれました。自分の住む上海に両親が来てくれて、寂しい気持ちはすぐに吹き飛んでいきました。特に母は初めての中国に興奮気味で、言葉が出来ないにも関わらず、積極的に街の色々な所に遊びに行っていました。

そしていきなりやってきた私の両親に対しても非常に親切に接してくれ、毎日美味しい料理を提供してくれたファミリーの方には、今でも感謝の念に堪えません。私の父は上海にやってきた時に丁度還暦を迎えたのですが、そのことを知ったファミリーの皆さんは、お祝いをしようと提案をしてくれたのです。家族水入らずで父の還暦をお祝いすることはずっと夢でしたので、このファミリーの皆さんの心遣いには大変感激したものです。

中国では男性が還暦を迎えると家族や親戚等が多く集まって、非常に盛大なお祝いが実施されるそうです。ファミリーの方達も私の父の為に美味しい料理を振る舞ってくれ、父は大変喜んでいました。私は両親とファミリーの方達の通訳をしながらも、初めての中国での還暦祝いの雰囲気を楽しんでいました。私のホームステイ先での様子を知ることが出来た両親は、とても安心した様子でした。そしてこれからも時間があれば中国に遊びに来たいと言ってくれたのです。

大変なスケジュールではありましたが、両親に上海を体験させてあげることが出来、しかも父については還暦祝いまでしてあげることが出来、本当に良い親孝行が出来たと思っています。

中国滞在で知った本場の還暦祝い

china02

私は大学3年生の時に中国へ語学を勉強する為にやって来ました。中国へやって来たきっかけは、元々専攻が中国文化であった為、中国に対して強い関心があったからです。学科内でも私の中国語の成績は良い方でしたが、それでもやはり中国留学した人には到底敵いませんでした。なので私は大学3年生になったら絶対に中国に行きたいと思っていました。そして中国語だけでなく、生の中国文化等についても学びたいと思うようになったのです。そして大学3年生の夏休みになり、念願叶って生まれて初めて中国の地を踏むことが出来ました。

私は中国の中でも最も発展していると言われている、上海市内のとあるお宅の所でホームステイをしながら語学を学ぶことと相成りました。私がホームステイ先として選んだお宅は、私より少し年上の娘さんとその両親という家族構成の家でした。そしてその家のお父さんは今年還暦を迎えるということで、近々還暦祝いが催されるとのことで、その話を聞いて非常にワクワクしてきてしまいました。まさかホームステイ先で中国式還暦祝いを体験することが出来るとは、思ってもみなかったからです。

ところで中国の還暦は日本で言う厄年の様で、還暦を迎えた男性は厄払いをする必要もあります。元々中国では自分の干支の年に赤い物を身に着けて厄払いをする風習があるようで、日本とは微妙に違うのだなと思いました。日本では自分の干支の年が厄年とは考えられていませんし、厄年に赤い物を身に着けるという習慣もないからです。中国と日本、同じアジアの国でも、色々と干支や厄年に関して異なる習慣や考え方があり、非常に面白いなと感じました。このようなことを学ぶことが出来るのも、留学やホームステイの魅力だと思います。日本国内の大学での勉強だけでは、絶対に知ることが出来なかったことばかりです。

china03

そしていよいよホームステイ先のお父さんが還暦を迎え、多くの親族が集まる盛大なお祝いが催されることになりました。私が一番びっくりしたのが、還暦を迎えてお祝いをされる立場のお父さんが一番率先して買い出し等の準備をしていたことです。日本では普通誕生日の時でも何でもそうですが、お祝いされる立場の人はただ座っていて料理が出来上がるのを待つだけということが多いので、大変びっくりしたものです。そしてお母さんも夫であるお父さんの還暦を盛大にお祝いしようと、真心込めて美味しい料理を何品も作っており、娘さんもそんなお母さんを手伝っていました。

そして料理が何品も出来上がる頃、続々とお父さん方の親戚が広い家に集まってきました。ざっと数十人はいたのですが、中国の住宅は基本的には日本よりも断然広いので、問題なく全員入ることが出来ました。お父さんは久しぶりに親戚に会うことが出来て、とても嬉しそうでした。

料理を食べた後は麻雀やトランプをしたりして遊んでいました。私もこの機会により多くの中国人とコミュニケーションをして語学力を伸ばそうと思い、積極的にお父さんの親戚の人達に話しかけていきました。親戚の人達は誰も皆とても気さくな人達で、初対面のしかも外国人の私に対して、非常に親切に接してくれました。中には私に料理を取り分けてくれた人もいました。中国人は基本的に初対面の人達ともすぐに仲良くやれるものなのだなと感じました。私もまだまだ片言の中国語を駆使しながら、一生懸命コミュニケーションをとって楽しみました。

そして時間は流れていき、あっという間に楽しい還暦祝いが終わったのです。本当に中国の還暦祝いは賑やかで、まるでお祭りのようでした。外国人の立場として今回このような貴重な体験をさせて頂くことが出来、本当に良かったと思っています。

北京のおじいちゃんにあげる誕生日プレゼント

koki-beijing

私はかつて中国の北京の大学に留学して経験があります。中国は日本から近いですが、言葉はもちろん文化や価値観が全く異なります。日本人の感覚で留学に臨んだため、その文化的な違いに始めは日本に帰りたいという気持ちが強かったです。しかし中国での生活に慣れない私に親切にしてくれた先生がいました。先生のおかげで中国語のマスターができ、友人もたくさん増えたため毎日の生活が充実して楽しくなりました。

その先生は先日70歳の誕生日を迎えました。70歳は古希と言って特別らしいので、みんなを巻き込んで盛大に古希祝いしました。古希は中国の唐時代の詩人であった杜甫による「酒席は尋常行く処に有り人生七十古来稀なり」という詩句から来ています。昔は70歳を迎えることが少なかったですが、今では先生のように70歳でも元気な人がたくさんいます。

古希のプレゼントには紫色をどこかに加えると良いとされます。よって誕生日パーティーを行う会場は、一部のテーブルクロスを紫色にしてもらいました。私は紫色の財布をプレゼントに選びました。紫色は、風水では赤色と同じ分類で火に属しますが、特に知性や芸術を示しています。高貴な色であり、紫色の財布を持つことは、昇進や出世を意味します。先生にはこれからも現役で多くの生徒と触れ合ってほしいと思います。

財布と一緒にメッセージを添えましたが、日本での古希のマナーとされる文例を中国語に訳しても堅苦しかったので、自分の感謝の気持ちを正直に綴りました。財布を受け取った先生は、日本語で「ありがとう」と言ってくれました。私は中国語を覚える前に何度か日本語で話したことがあり、それを覚えていてくれたのが嬉しかったです。

また先生を含めたみんなで飲もうと、日本酒も用意しました。先生は昔からお酒が好きで、日本のお酒を一度飲んでみたいと言っていました。そこで業者に頼んで、瓶を紫色にしてもらい古希祝いにピッタリのお酒にしました。中国人の友人も日本酒を始めて飲む人が多かったです。日本酒の最高峰である「純米大吟醸」は好評で、米の甘い香りの中から感じられるキレが先生を楽しませました。先生が気に入った様子だったので、後で祝いの席とは別に用意した日本酒をこっそりと渡しました。

祝いの席パーティーには先生の家族も招待しました。家族からのプレゼントは、今まで家族と撮った写真で埋められたアルバムでした。私たちも先生と一緒にアルバムを拝見しましたが、そこには先生の若い頃の写真から子どもや孫が生まれた時まで、先生の人生の歩みが鮮明に写されていました。

古希祝いの料理には特別な決まりはありません。しかしせっかくパーティーを開くので、料理もプレゼントの一環と考え、こだわりの日本食にしました。中国で日本人が経営している日本食レストランにお願いをしました。赤飯やちらし寿司などご飯も何種類が用意しました。寿司は食べ慣れている人が多数でしたが、見た目もおめでたい赤飯は実物を見るのは初めてだったようです。最も人気があったのは、茶碗蒸しでした。

その後友人が作ったビデオメッセージなどを見て楽しい時間を過ごしました。最後に事前にみんなで書いた色紙を先生に渡しました。すると先生は「みんなが遠方から集まってくれたことが一番のプレゼントだ」と言って涙ぐんでいるのを見て、古希祝いをして良かったと感じました。先生を家族や友人で囲んで、記念撮影をしました。写真は後日みんなに配られるのと同時に、プレゼントしたアルバムに追加されました。古希の後は77歳になった時に行う喜寿祝いなので、その時はさらに先生を楽しませるプレゼントやサプライズを準備しようとみんなで約束しました。

本場の中国料理を食べてきたレースクイーンの話

レースクイーンの仕事は常に同じ場所にあるわけではありません。仕事で地方に行くことも多いのですが、暇な時間がほとんどないので、現地のグルメを楽しむこともできませんでした。ストレスだけでなく疲れもたまったので、レースクイーンをしている友達三人で海外旅行に行こうという計画を立てました。三人が今まで行ったことのない国で、おいしい料理を食べてエステと買い物を楽しめる国を探したところ、時間的にもそれほど遠くない中国が行き先として候補にあがりました。

最近は中国人の観光客が日本に多く訪れるようになり、レース場にも顔を出してくれることが多くなったので、挨拶くらいは中国語で話せるように勉強しているので言葉も心配ないだろうということで、行先は中国に決まりました。

chinese03

まず、中国旅行で訪れたのは、グルメ都市である成都です。ユネスコグルメの都市としてアジアでも初めて選ばれたという町です。本場の中華をたべたくて、三人でガイドブックなどを使って情報収集し、四川料理を食べに行くことにしました。唐辛子などのスパイスがふんだんに使われているので、身体の内側から熱を発生させて発汗し、肌も綺麗になると思いました。また野菜だけでなく、お肉や魚、豆類もたっぷり入ってバランスも良いので、健康にも良さそうだと思いました。入ったお店は観光客だけでなく現地の人にも人気があるお店のようで、開店して間もないのにすでに席は半分以上埋まっていました。メニューには、写真も表記されていたので注文がしやすかったです。

chinese01

断片的にわかる漢字と料理の写真を見て、いくつか注文しました。出てきたのはビックリするほど大きい海老のピリ辛炒めです。殻をむかずにそのままお皿に出てきたので、三人で思わず顔を見合わせるくらいの驚きようでした。早速食べようと殻をむいたら、再び出てきたのはビックリするほど大きいむき身です。むき身でこんなに大きいのだから、大味かなと心配しましたが、日本で食べたことないくらいのプリプリのおいしさでした。身自体が甘いのですが、隠し味に唐辛子が入っているのか、後から心地よい辛さが出てきます。おいしい海老を食べながら、紹興酒を飲むと最高でした。またダイエットしなくっちゃと思うのですが、今はこのおいしさに浸っていたいと思い食べまくりました。

chinese02

次の日は、街を散策しましたが、屋台など刺繍が見事なポーチがリーズナブルな価格で売っていて購入しました。ぶらぶら歩きながら行列を発見しました。見てみると、肉まん専門店のようで、お昼を食べていなかったので並ぶことにしました。出てきたのはビックリするほど大きい肉まんで、両手で抱えるとずっしり重さを感じることができます。皮は綺麗な白色でもっちりで甘みがあり、中身は肉汁がしたたるほどのおいしさです。またダイエットしなくっちゃと思いながら、1人1個をペロリと食べちゃいました。

グルメを目的に旅行に行きましたが、本場の中国の味を楽しめて大満足でした。またダイエットしなくっちゃなりませんが、まとまった休みが出来たら再びグルメ旅行をしたいです。

中国南京でお世話になった大家のお父さん

photo by:BrianLockwood

留学する人のほとんどはホームステイを選びますよね。今回中国の南京市でホームステイすることになった家族は不動産を経営しているところでした。不動産を経営しているということで部屋1つをまるまる貸してくれることになりました。なので、中国で一人暮らしに近い感じなのですが、中国のお父さんは、朝は必ず家族みんなで食べること。また夜外出しないのであれば夕食も一緒に食べること。これがホームステイ先の唯一決められたルールでした。

中国の南京市に来て間もない私にホームステイ先の家族は観光案内をしてくれました。歳が同じの次男シャオメイは人見知りな私にたくさん話しかけてくれました。シャオメイは大学で日本語を学んでいるということもあり、簡単な日常会話程度であれば日本語で会話ができるのですっごく助かっています。長女はズーハン。ズーハンはまだ高校生。日本の文化が好きで特にアニメが好きで、漫画をもって私の部屋にたずねてきます。お母さんは、日本で言う肝っ玉お母さんといった感じ。何事にも動じず一家の大黒柱といった感じ(笑)。お父さんは体は大きいけどなんだかお母さんに弱い、怒られてもいつもニコニコしている。私をまるで自分の娘のように気をかけてくれるすごく優しいお父さんです。シャオメイが言うには中国は男より女の方が強いと教えてくれました。最後に長男のジャッキーは北京の外資系企業で働いているとお父さんが教えてくれました。あまり帰ってこないとすこし寂しそうでした。

話が少しそれてしまいましたが、南京は江蘇省の都市です。中山陵(ちゅうざんりょう)玄武湖公園、明孝陵(みんこうりょう)等、中国の歴史を感じる観光地がたくさんあります。そんな有名な観光地を案内してくれたホームステイ先の家族には本当に感謝です。

そんな家族のもとでホームステイをし続けて半年後、突然シャオメイとズーハンが私の部屋にやってきました。どうしたの?と聞いてみると、どうやらお父さんが今年60歳を迎えるということでお祝いを一緒にして欲しいということでした。そういえば自分の日本にいるお父さんもその位の歳だったことを思い出し、サプライズをしよう!とお母さん含め計画を一緒に考えました。

中国で還暦祝いをやる場合、家族全員が集まり、盛大にお祝いするそうです。そこで、シャオメイは北京で暮らす長男にすぐに連絡し、最近帰っていないせいもあったのか誕生日に必ず帰って来いとちょっと怒りながら電話してました(笑)。

誕生日当日、近隣に住む親戚も集まりいよいよ還暦祝いの誕生日会がスタート。もちろん還暦祝いなので、装飾は赤色で統一!集まった親戚の皆さんは赤い袋?(あとでシャオメイに聞いたら紅包というお祝い金が入った袋)をお父さんに渡していました。確か日本で還暦祝いを迎えると、赤いちゃんちゃんこをプレゼントしたりしてるのを思い出して中国も赤色なんだなーと思いました。還暦祝いの誕生会に長男ジャッキーの姿が見えないのをみてお母さんにジャッキーは来ないのかと聞いて、来ないよ(嘘)と言ったら明らかに落ち込んでいるのを見てシャオメイとズーハンと一緒にクスクスと笑っていました。いよいよ誕生日会の中盤。家族からのビックサプライズということで、扉にみんなが注目。出てきたのはもちろん長男のジャッキー。お父さんはたまらず抱きついていました!周りの人も拍手して喜んでくれていました。お父さんは本当に笑顔で、最高のプレゼントをありがとうと言ってくれて、企画したシャオメイ、ズーハンが本当に嬉しそうで良かったです。

私の日本のお父さんも再来年還暦を迎えるので、還暦祝いをちゃんとやってあげたいですねー。
それでは!

古希の贈答に人気

数え年70歳の長寿祝いである古稀祝い。
そんな古稀祝いの贈答品はプレゼントや温泉旅行など様々です。けれど古稀を迎えた方も祝う方々も共通して贈答品に共通していることがあります。
それは思い出となること。
先述したプレゼントはオーダメイドで製作された品が人気があり、温泉旅行も思い出作りをするために行くことが目的とされています。もちろん他にもレストランや自宅での祝宴といった古稀祝いがありますが、意味は同じです。
そのため思い出に残る贈答品に人気が出るのは必然となります。
例えば名前が入った茶碗に湯のみ、不苦労にかけてフクロウのイラストが描かれたグラス、長く楽しめるブリザードフラワーケーキ、古稀祝いの方の生まれ年と同じワインなどは人気が高いアイテムです。また古稀祝いのシンボルカラーである紫色の入った小物も人気があります。
しかしなかでも人気がある贈答品といえば、三つのアイテムが挙げられます。
一つ目は花名前の詩です。
依頼された名前を引用して詩とイラストを製作して額におさめてくれるサービスです。オーダメイドである事とスタッフの細やかな配慮の良さから絶大な人気を誇っています。
二つ目は名前の詩です。
こちらも花名前と同じサービスですがこちらは素朴な和の雰囲気を重視しているため、男性へのプレゼントに適しています。
そして三つ目はカタログギフトです。
これが人気な理由は贈る側にとっては贈答品を選ぶ悩みが解消され、贈られる側にとっては選ぶ楽しみを満喫できるからです。

↑ PAGE TOP